固定電話は本当に必要?

昨今、携帯電話が爆発的に普及しているので、
NTTの固定電話の必要性を感じなくなっている人もいるかもしれません。
一昔前は、固定電話がないと面接で落とされたり、ローンが組めなかったりといった
弊害もありました。しかし、現在では携帯電話さえ持っていれば、自宅に固定電話が
なくても、印象が悪くなるといったことはありません。

固定電話がないことに負い目を感じるという方以外は、
固定電話以外の電話へと乗り換えた方がお金の節約になるかもしれません。
年間2万円かかる固定電話の維持が本当に必要かどうか、見直してみましょう。

IP電話で料金節約!プロバイダを検索する

インターネットと同時に利用できるIP電話

ADSL、光ファイバーのインターネット回線を利用した電話です。通話料がどこへかけても全国一律なので、長距離電話も格安で済みます。海外への通話も格安、提携グループ同士での通話に至っては無料です。現在では、多くのプロバイダがIP電話サービスを行っています。

一般電話回線と同じ電話機で利用でき、プロバイダ申込料以外の費用はほぼかからず、基本料も無料
の場合が多く、非常にお得です。

デメリットは、着信が安定しない、回線変更に工事が必要な場合は高額、携帯電話への発信は格安にならない、110番や119番に発信できない場合がある、プロバイダ変更や引っ越しの場合手間や費用のかかる場合がある、などです。

IP電話に加入するには、まずプロバイダ探しから始める必要があります。目的に合ったプランを探しましょう。

国内外どこでもかけられるアプリケーションSkype OUT

インターネットを利用して電話が可能になるアプリケーションです。
会員同士でのみ利用できるサービスととらえている方もいるかもしれませんが、有料サービスでは固定電話や携帯電話への発信ができます
会員同士の通話は完全無料です。有料サービスでは、電話をかける必要のある時だけ支払うプリペイドと、ほぼ無制限に特定の国や地域に発信できる月額プランがあります。

デメリットは、音が悪く、遅延もあり、環境によっては使い勝手が悪く、110番などの緊急時の番号に発信
できない点です。
Skypeをダウンロードすれば、すぐに利用できます。有料サービスの利用には、クレジットの購入し、そこから料金を支払う必要があります。携帯電話と合わせて使用すると、非常に便利なサービスです。

インターネットも電話も光ファイバー

IP電話やSkypeに切り替えるのはリスキーだなと感じた方は、固定電話の節約を考えましょう。
一番手軽なのは、一般電話からひかり電話への変更です。光接続のインターネットサービスにあわせて加入する必要がありますが、基本料金が格段に安くなります。
ナンバーポータビリティに対応しているので、今まで使用していた電話番号がそのまま使用できます。

ひかり電話も厳密にはIP電話なのですが、専用の光回線を利用しているので、より安定した通話が可能です。インターネット接続料が高くなる可能性があるので、導入の際には、インターネット料金も合わせて確認しましょう。

現在では、電話回線も自分の生活に合ったものが選べます。料金やサービスを見た上でじっくり検討すれば、大きなお金の節約にもなるかもしれません。

プロバイダ入会相談窓口スタート!

お住まいの地域でプロバイダーの最安値を検索

  • 光ファイバー マンション
  • 光ファイバー 戸建て
  • ADSL
  • 高速モバイル

最安値 BEST3

1
実質費用(1年目)
/月

2
実質費用(1年目)
/月

3
実質費用(1年目)
/月

  • 住居地域を選択
  • 回線タイプを選択 回線選びのコツはこちら

    光ファイバー

    住居タイプ: マンション 戸建て
    電話オプション:

    ADSL

    回線速度:
    NTT固定電話: 引いている 引いてない
    電話オプション:

    高速モバイル

    回線種類:
    接続タイプ:

回線別キャンペーン一覧

  • 光ファイバー

    回線速度が速く、動画もサクサ クフレッツ光,Bフレッツ,auひか りなど最大1Gbpsの光回線

  • ADSL

    低価格が魅力のADSL。
    インタネット閲覧やメールの
    利用程度ならオススメの回線

  • 高速モバイル

    7.2Mbpsと高速化している
    モバイル回線。外出先でも
    インターネットを利用したい
    なら高速モバイルがオススメ。